1. HOME
  2. サービス案内
  3. フレキソ製版
  4. スリーブ版
  5. シームレススリーブ版 CTSS

フレキソ製版

Flexo platemaking

スリーブ版

シームレススリーブ版 CTSS

CTSSテクノロジーは当社が提案するComputer To Seamless Sleeveの頭文字からネーミングされました。
「スリーブ上にエンドレス製版されたフレキソロール版」のことです。
初めにスリーブ上に感光性樹脂層をラミネートし、シームレス加工を施します。
そしてブラックマスクにレーザーイメージャーによりデジタル画象を形成しスリーブのままプロセッシング処理を行う技術です。
スリーブと版と同一の為、印刷工場での貼り込み作業が不要です。
各色スリーブが同一寸法の為見当合わせが短時間で出来ます。
CTSSが到着したらすぐ印刷可能な状態になります。

Seikodoは国内初のハイクオリティなエンドレスパターンデザインをついに実現させました。

シームレススリーブ版CTSSの特徴

  • スリーブのセットだけで
    ・印版のマウント不要
    ・縮率無し、同一寸法で高精度の見当合わせが可能
    ・安定した高速印刷が可能
  • スリーブに感光性樹脂をラミネートして、シームレス加工を施すことで、
    ・高精細なエンドレスパターンの印刷が可能
    ・シームレスの為、印刷時の印版負荷が軽減
  • FTD(フラットトップドット)という特殊加工が可能で、以下のような効果が得られる
    ・ドットゲイン(印刷の太り)を抑制
    ・ガモット(色域)が広がる
    ・繊細な線画をくっきりと見せる
    ・印刷時のフルーティング(波型形成のコルゲート目)を抑制
  • Full HD 加工をFTD表面に形成することが可能。
    これにより、通常の印圧で高濃度で鮮やかな印刷を実現。

シームレススリーブ版CTSSの用途

不織布
人肌に接触するサニタリー用品(紙おむつ)

不織布(エンドレスデザイン)
紙おむつなどにデザインされているループ柄の印刷

軟包装紙・フィルム
ペットボトルのラベル、シュリンク包装
ファーストフードの容器や包装
量販店の紙器包装

金属化フィルム内の金属電極を形成
主にハイブリッドカーなどに使用されるキャパシタ(コンデンサ)の製造で使用するフィルム

スリーブ版CTSS作業フロー

1.前処理

印刷面に対して、高速回転で印版が接地する衝撃を緩和するためのクッションテープを巻き付ける前処理を行います。

2.スリーブ上、樹脂セット

板状樹脂を指定の大きさにカットして、前処理後のスリーブ上に巻き付けて樹脂層の形成を行います。
その後樹脂表面にブラックレーヤーを施します。

3.スリーブ表面の高精度処理

スリーブ表面を高熱処理、精密研磨による高精度処理を施す事でシームレス加工が可能になります。その後は樹脂表面に特殊技術でブラックレイヤーを形成します。

4.イメージング

シームレススリーブをラウンドにセット後、CDI機で樹脂表面にレーザー照射して、イメージングを行います。

5.洗浄

イメージングが完了した後は、専用のプロセッサでブラックレイヤー除去洗浄を行います。

6.乾燥、後露光

洗浄後は、乾燥、そして後露光と一連の作製工程を行います。

7.出荷検査

出荷確認の検査が完了後、均一でシャープな、精度の高い版が製品になり、梱包、出荷となります。

CTSS装置

UV主露光装置(CDI Advance Cantilever1450)
CTS、CTSSで使用するスリーブとプレート両方のイメージングが可能になっています。また、アブレーション中に同時にLEDーUV主露光を行う「インラインUV主露光ユニット」を装備しています。