SDGsレポート

SDGs達成に向けた当社の活動報告

SDGs活動報告

当社の2021年11月までのSDGs活動状況につきましてご説明・ご報告させていただきます。

これまでの主な取り組み

これまでの主な活動の歩みは以下のとおりです。

2019年 7月 SDGsプロジェクトチーム発足
2020年 1月 外務省登録「ジャパンロゴマーク」の使用許可
7月 SDGs委員会設置(以後、1・2回/月委員会開催)
2021年 1月 「年間取組計画」の策定
3月 全拠点に社内掲示板・提案箱を設置し、全社に活動を周知
(掲示板設置で活動状況の「見える化」を図り、当事者意識を育むツールとして提案・意見箱を設置)
4月 KPIに基づき、「部署毎の取組み」開始
(委員による定期的な社内巡回実施によりフォローアップ)
7月 目標に、ジェンダー平等として「女性が活躍できる職場環境整備を推進しよう」及びCO₂排出の削減として「温室効果ガス排出60%削減」を追加
11月 2019年6月迄の1年間と比べ、2020年6月現在で、取り組み目標のうち特に身近な目標である「電力使用量の削減」及び「用紙使用量の削減」について進捗を掲示、周知
電力使用量の削減は19%と年間進捗目標4%を大きく上回ったが、用紙使用量の削減は7.3%と年間削減目標10%をやや下回る進捗に留まった。

またこれまでの間、委員会メンバーのSDGsへの理解を深めるために、取り組み他企業見学及び外部主催研修受講を行っています。

今後も「年間取り組み計画」をたて、目標達成に向けて、後述「主な取り組みKPI概要」の具体的な取り組み内容を計画的に推進していきます。
そして、従業員全員が一丸となって自分事として取り組み、我々一人ひとりにとってこの取り組みが「当たり前」になっていくことを目指していきます。

主な取り組みKPI概要

取り組みSDGs目標 達成時期 目標水準 具体的な取り組み
ジェンダー平等
女性社員、管理職者数・比率の計画的向上
2030年 2021年を基準に、
女性社員比率24%を30%に増加
女性管理職比率5%を20%に増加
(現状、業務・待遇・キャリアパス等で男女格差はない。)
・女性社員の積極的採用と共有価値創出
・女性管理職の計画的育成
勤務時間の適正化推進
人材育成の推進
2025年 残業30H/月以内 ・残業時間の削減
・社内外研修等の一層の充実化 等
2030年 残業20H/月以内
従業員の健康管理 2023年 第1区分評価維持 ・職場環境測定受検後、自社測定認可取得
100%受診 ・健康診断・ストレスチェック100%受診、産業医面談の継続
電力使用量の削減 2025年 2019年度比15%削減 ・生産工程見直しによる合理化と省電力化
・新技術採用による省電力化
・機械設備投資時の省電力型機優先採用
・休憩時の消灯、全拠点使用照明のLED化
・クールビズ、ウォームビズ
2030年 同年度比30%削減
温室効果ガス排出の削減 2030年
(2050年)
2019年度比使用量60%削減
(実質ゼロ)
・再生電気利用
・脱有機溶剤への取組み推進
・太陽光発電システムの増設推進
資源利用効率の向上 2025年 2019年度比使用量50%削減 ・ペーパーレス化
30%超 ・グリーン購入法適合品、FSC認定紙購入
2030年 2021年度比30%削減 ・産廃物の削減
・化学物質(有機溶剤)の適正管理、有資格者配置及び周知
フレキソ高技術印刷関連への積極的参画 ・水性フレキソ印刷関連への取組み
・展示会、研究技術成果等の発信

ジェンダー平等
女性社員、管理職者数・比率の計画的向上

達成時期 2030年
目標水準 2021年を基準に、
女性社員比率24%を30%に増加
女性管理職比率5%を20%に増加
具体的な取り組み (現状、業務・待遇・キャリアパス等で男女格差はない。)
・女性社員の積極的採用と共有価値創出
・女性管理職の計画的育成

勤務時間の適正化推進
人材育成の推進

達成時期 2025年(2030年)
目標水準 残業30H/月以内(残業20H/月以内)
具体的な取り組み ・残業時間の削減
・社内外研修等の一層の充実化 等

従業員の健康管理

達成時期 2023年
目標水準 第1区分評価維持
具体的な取り組み ・職場環境測定受検後、自社測定認可取得
達成時期 2023年
目標水準 100%受診
具体的な取り組み ・健康診断・ストレスチェック100%受診、産業医面談の継続

電力使用量の削減

達成時期 2025年(2030年)
目標水準 2019年度比15%削減(同年度比30%削減)
具体的な取り組み ・生産工程見直しによる合理化と省電力化
・新技術採用による省電力化
・機械設備投資時の省電力型機優先採用
・休憩時の消灯、全拠点使用照明のLED化
・クールビズ、ウォームビズ

温室効果ガス排出の削減

達成時期 2030年
(2050年)
目標水準 2019年比60%削減
(実質ゼロ)
具体的な取り組み ・再生電気利用
・脱有機溶剤への取組み推進
・太陽光発電システムの増設推進

資源利用効率の向上

達成時期 2025年
目標水準 2019年度比使用量50%削減
具体的な取り組み ・ペーパーレス化
達成時期 2025年
目標水準 30%超
具体的な取り組み ・グリーン購入法適合品、FSC認定紙購入
達成時期 2030年
目標水準 2021年度比30%削減
具体的な取り組み ・産廃物の削減
・化学物質(有機溶剤)の適正管理、有資格者配置及び周知

フレキソ高技術印刷関連への積極的参画

具体的な取り組み ・水性フレキソ印刷関連への取組み
・展示会、研究技術成果等の発信

取り組み進捗報告

SDGs活動風景