ごあいさつ
 
 私共が専心励むフレキソ製版業への期待が大きく膨らもうとしています。
パッケージ印刷の中でも紙袋や段ボール紙器への印刷がフレキソ刷版の限定された用途であった時代から、シール・ラベルや板紙紙器を初めフィルム包装用途まで利用範囲が拡がってきました。
利用範囲の広まりに応じて製版技術の高度化も求められ、弊社でも幾つもの新技術が芽生え、成長してまいりました。
 
 私共は製版技術においては新規性・独自性を重要視する事を基本とした技術習得を目指しております。企業行動においては、その技術や製品はお客様に必要か? さらに、それらはお客様にとって価値あるものか? と確認しながら進んで参りたいと考えています。
 
 今後パッケージ印刷を初め精密コーティングや電子デバイス製造工程への利用を含め、さらに用途拡大が期待されるフレキソ印刷。そして印刷をサポートする役目を担うフレキソ刷版の開発と安定供給が精好堂の大きな目標です。
弊社が属する情報価値創造産業の中、責任ある担い手としてお客様と事業パートナー様の期待にお応えできる企業となって行くことを目指して参ります。
今後もご指導とご鞭撻を頂戴くださいますようお願い致します。
 
株式会社精好堂
代表取締役社長
島崎憲治
 

Copyright (C) 2000-2015 SEIKODO Co.,Ltd. All Rights Reserved.