フレキソについて フレキソ製版とは

フレキソ製版とは

ゴム製または合成樹脂製の高弾性の材質で構成する刷版です。
当社のフレキソ版は下記の材質、手法によって製版しています。
樹脂製 液状感光性樹脂版 (liquid plate)
板状感光性樹脂版 (solid plate)
樹脂製 CTSS (Computer To Seamless Sleeve)
CTS (Computer To plate on Sleeve)
ゴム製 DLA (Direct Laser Abrasion)

感光性樹脂とは

未露光樹脂(生材)に紫外線(UV光)を照射してUV光が当った箇所のみ光重合をします。その後、未露光部分を洗浄・除去して刷版になります。
つまり、光りの当った箇所が固まり、光りの当らない箇所を取り除き、凸版に加工します。
         
1.UV光照射  

2.UV光が当った箇所のみ光重合をします。

  3.未露光部分を洗浄・除去して刷版になります。
UV光照射   UV光が当った箇所のみ光重合をします。   未露光部分を洗浄・除去して刷版になります。
         

 

当社は主として液状感光性樹脂版、板状感光性樹脂版、レーザー彫刻版を生産しています。
日本で唯一のフレキソ印刷用シームレスロール(CTSS)を樹脂版で作製しています。
ゴムロール/スリーブへのシリンダーに直接ゴム巻きをしたレーザー彫刻シームレスロールの加工技術は長年の実績に基づき確立しています。
Hi-Fiフレキソの分野でも最新の技術で需要に応えています。

当社における製版材の移り変わり

市場(お客様)の要求は変化します。当社は市場の要求を先取りして、製版材料、製版装置をタイムリーに投入しながら、製造業として「未来を見据えた物作り」をモットーに新技術、新商品を御提案、 御提供しながらお客様のニーズにお応えしています。
1959年 設立当初 手彫刻版製造
1970年 米国より鋳造技術、設備導入、鋳造版(ゴム版)生産開始
1972年 液状感光性樹脂版生産開始
1983年 板状感光性大型樹脂版生産開始
1984年 英国より日本初のレーザー彫刻機導入、生産開始(ゴム彫刻、セラミック彫刻)
1996年 市場の要求が変化した為、鋳造版生産中止
1998年 Hi-Fi フレキソ版生産、販売開始
2000年 CTP ( Computer To Plate ) の先駆けとしてCDI(Cyrel Digital Imager)導入
2003年 日本初のCTS/CTSS生産設備導入、生産開始
(CTS:Computer To Sleeve CTSS:Computer To Seamless Sleeve)
2008年 液状感光性樹脂 新レジンに変更
2009年 CDI Auto運用開始

Copyright (C) 2000-2015 SEIKODO Co.,Ltd. All Rights Reserved.